■ From the Inside (About this site)

 当ウェブサイトについて



poconut.jp とは?

pocommittee とは?

poconut.jp に寄せて



■ poconut.jp とは?

  トップページにも記載の通り、ここは、アメリカ西海岸を代表するカントリーロックバンド「Poco」ポコの音楽を広く深く知っていただくためのファンサイトで、ファン同士の情報交換などを通じて交流を深める場です。

また、Pocoを日本へ招聘することも目的のひとつに掲げていますが、商用的な意図は全くありません。

このウェブサイトは、pocommitteeが中心となって運営し、Pocoに関する情報をまとめています。

このpoconut.jpは、Pocoのオフィシャル・サイトと連携を取り、Pocoのマネージメント・オフィスからは日本国内での公式サイトとして扱われ、Pocoのメンバーにも重要なファンサイトとして認識されています。

◆ 自称Pocoファン
◆ 昔Pocoが好きだった
◆ 少しでもPocoに興味がある
◆ 一度Pocoを聴いてみたい観てみたい
◆ 恥ずかしくてPocoが好きだと言えなかった

そういった皆さん、是非一度Cantamos(BBS)へご投稿いただくか直接メールをお送りください。現在はNET上でのファンクラブという位置づけですが、poconut.jpは今後、いろいろな形での情報交換の場を提供できればと考えておりますので、poconut.jpへのご参加をお待ちしております。




■ pocommittee とは?

pocommitteeは、純粋なPocoのファンで構成されているボランティアの集まりです。

pocommitteeは、日本国内で一人でも多くのPocoファンを集めるための活動を行っています。

pocommitteeは、以下のメンバーで構成されています。

Orange County
Favorite Poco album : The Last Round Up
Favorite Poco song / tune : Crazy Love
Pocoでひとこと : 全盛期に一度見たかったなぁ
Poco以外で好きなミュージシャン : EAGLES ,HUMBLE PIE , DEREK AND THE DOMINOS, キャンディーズ

Nose Of Cimarron
Favorite Poco album : Rose Of Cimarron
Favorite Poco song / tune : Starin' At The Sky
Pocoでひとこと : Timothy, Pocoとまた一緒にやろうよ!ポコんとこよろしく!
Poco以外で好きなミュージシャン : Restless Heart

Poco_Riders
Favorite Poco album : Live
Favorite Poco song / tune : Let Me Turn Back to You
Pocoでひとこと : Country Rock万歳!
Poco以外で好きなミュージシャン : The New Riders of the Purple Sage

Richie Furay Fan
Favorite Poco album : Rose Of Cimarron
Favorite Poco song / tune : A Good Feelin’To Know
Pocoでひとこと : Richie, please come to Japan.
Poco以外で好きなミュージシャン : Dan Fogelberg

Ojai_girl (オーハイガール)
Favorite Poco album : Deliverin'
Favorite Poco song / tune : A Good Feelin’To Know
Pocoでひとこと : (かなり少数派だと思われる)日本の女性Pocoファンの皆さま、コンタクト待ってます。一緒にライブを見に行きませんか?
Poco以外で好きなミュージシャン : センチメンタル・シティ・ロマンス

Dash
Favorite Poco album : Legacy
Favorite Poco song / tune : Crazy Love
Pocoでひとこと : Forever!
Poco以外で好きなミュージシャン : Seals & Crofts

Good Company
Favorite Poco album : Rose Of Cimarron
Favorite Poco song / tune : Starin' At The Sky
Pocoでひとこと : いつまでも活動し続けてください。
Poco以外で好きなミュージシャン : Crosby, Stills, Nash & Young



poconut.jp に寄せて

  アメリカ西海岸系の音楽に精通し、Pocoに所縁のある、またPoco音源の日本語解説でもお馴染みの方からいただいたメッセージをご紹介しております。

  カントリー・ロックの精神的なアイデンティティを掲げたのがGPならば、それを具体的な音楽スタイルとして完成させたのはPocoにほかなりません。そして70年代ロック、ウェスト・コースト・ロックというキーワードを持ち出すときにも、そのサウンドが、Pocoのそれと密接にリンクしていることに気づきます。その彼らの歴史と現在が、日本のウェブサイトで体感できるのは素晴らしいことですね。Pocoにも、そしてこのサイトのみなさんにも、招聘の実現に向けてアクティブな活動を期待しています。
宇田和弘


  スティール・ギターを使った演奏で、Pocoほどみずみずしい躍動感を放つ音楽に出会ったのははじめてでした。Pocoと言えば、真っ先にそのことを想い出します。以来、スティール・ギターが、ギターやベース等と同様にロックの楽器というか、身近に感じられるようになりました。大仰に構えたりせず、ましてや気取ったり、畏まったりしたところがなくて、変な言い方ですが、Pocoの演奏からは何よりもまず音楽があふれていました。ロックの歴史本に名を刻むというよりは、聴き手の胸の中に音楽を残すといった感じで、カントリー・ロックと言われてフライング・ブリトゥの名前をだす人は沢山いますが、実はPocoも大好きでねぇなどと、ポロッと漏らしたりする人がいたりすると嬉しくなって、ぼくは、その人とお酒を乾杯したくなるのです。だから当然、サイトのオープン、そして招聘活動にも乾杯です。おめでとうございます! 
天辰保文



Top