■ Pocoの歴代メンバー



■ ティモシー・B・シュミット Timothy B. Schmit

 1947年10月30日カルフォルニア州オ−クランド生まれでサクラメント育ち。父親がセ−ルスマンのかたわらミュ−ジシャンとしても活動していたことから、自然に音楽に親しみ、地元のフォ−ク・シ−ンで活動を始める。’
 62年にRon FlogelとTim&Ronというフォ−クデュオを組み、そこにTom Phillipsが加わりTim Tom&Ronとなる。翌’63年にはバンド名をContendersとし、サ−フミュ−ジックを演奏していたようだ。その後Beatlesの影響を受けドラムにGeorge Hullinを加えThe New Breedと名乗りバンド活動を始める。この頃には地元でかなりの人気バンドになっていたようで、5枚発表したシングルもロ−カルチャ−トでNo.1なった曲もあるらしい。
 バンドはNever Mind、Gladとバンド名を変えるが、Glad時代にシングル4枚、アルバム1枚を残している。この時期にPocoを立ち上げたばかりのRichie Furayから参加の要請を受けるが断っている。
 サクラメント州立大学で心理学を専攻する傍ら、音楽活動を続け、Gladの他メンバ−が新バンドRed Wingを立ち上げたことをきっかけに、’70年に初代ベ−シストRandy Meisnerの後任としてPocoに正式に参加する。
 Pocoでは7年間(アルバム11枚)にわたり、ベ−シストとしてはもちろん、作曲、リ−ドボ−カルと安定した活躍をみせた。’77年9月、またもRandy Meisnerの後任としてEaglesに迎えられたことは、何とも因縁めいたものを感じる。
 Eagles解散後はソロアルバムを発表したり、Ringo Star All Star Bandのメンバ−として活躍するなど、マイペ−スで演奏活動を行っている。その後Eaglesの再結成でもメンバ−としてレコ−ディング、ツア−に参加。また、そのよくハモる声はア−ティストからひっぱりだこで、それこそ夥しい数のボ−カルセッションをこなしている。

■ Discography  (アルバムのみ)
 Group  Album Title  Year
The New Breed Want Ad Reader 1965
Glad Feelin' Glad 1968
Poco POCO 1970
Poco Deliverin' 1971
Poco From the Inside 1971
Poco The Good Feelin' to Know 1972
Poco Crazy Eyes 1973
Poco Seven 1974
Poco Cantamos 1974
Poco Head Over Heels 1975
Poco Live 1976
Poco Rose of Cimarron 1976
Poco Indian Summer 1977
Eagles The Long Run 1979
Eagles Eagles Live 1980
Solo Plain' It Cool 1984
Solo Timothy B 1987
Solo Tell Me the Truth 1990
Eagles Hell Freezes Over 1994
Solo Feed the Fire 2001

(Good Company)



INDEX