■ Pocoのバンド・ヒストリー



■ Poco #10 from 1991 to 1992

Jim Messina - guitar & vocals
Rusty Young - pedal steel guitar, dobro & vocals
Randy Meisner - vocals & bass

(1991)
  Jack Sundrudは自身のバンドGreat Plainsを結成。George Granthamも抜け、3人のトリオとなる。
7月、"Acoustic Session"として二度目の来日。Bernie Leadonも共演し、 “The Eagles”の曲も演奏した。東京と山中湖と大阪で3回公演が行われた。来日公演はドラマーとしてGary Mallabarが同行した。

セットリストは次の通り:

(7月26日オーチャードホール東京)
Follow Your Dreams, Crazy Love, Take It To The Limit, You Better Think Twice, Rose Of Cimarron, Long Time Blue, Sinners And Saints, Hearts On Fire, Call It Love, Your Mama Don't Dance, Fool's Gold, Listen To A Country Song, Midnight Flyer, Nobody But You, Legend

(7月28日山中湖)
  Follow Your Dreams, Crazy Love, Take It To The Limit, Rose Of Cimarron, You Better Think Twice, Long Time Blue, Sinners And Saints, Hearts On Fire, Call It Love, Your Mama Don't Dance, Fool's Gold, Listen To A Country Song, Midnight Flyer

  この後、Rusty YoungはPaul Cottonと組み、引き続きPocoとしての活動を継続。Randy MeisnerはBlack Tieに復帰。Jim Messinaはソロ活動へと進む。
この年、”Great Plains”のファーストアルバム「Great Plains」がリリースされる。
“Foster & Lloyd”の終焉を迎えたBill LloydとRusty YoungはNashvilleをベースとしたカントリーロックバンドの結成を企てる。ベーシストとしてRandy Meisnerに声がかかるが、彼はバンド入りを辞退。Bill Lloydの旧友で“New Grass Revival”のJohn Cowanをベーシストに迎える。更に、活動休止中の”The Doobie Brothers”より、Nashvilleでの活動を模索していたPat Simmonsをメンバーに加え、“Four Wheel Drive”と言う名のバンドを結成する。



BACK INDEX NEXT