■ Pocoのバンド・ヒストリー



■ Poco #9 from 1989 to 1990

Jim Messina - guitar & vocals
Richie Furay - guitar & vocals
George Grantham - drums & vocals
Rusty Young - pedal steel guitar, dobro & vocals
Randy Meisner - vocals & bass
Album : Legacy(1989)

(1989)
  Rusty YoungはJim MessinaやRichie Furayらと再結成を計画。Randy Meisner、Timothy B. Schmit、George Grantham、Paul Cottonに声をかけるがTimothy B. SchmitとPaul Cottonはソロ活動を優先させることを理由に辞退する。
4月、オリジナルラインアップのRichie Furay, Jim Messina, Randy Meisner, Rusty Young, George Granthamが集い、結成20周年を記念してカムバックアルバムの制作に着手する。8月、19th アルバム「Legacy」がリリースされる。(Billboard最高位40位)。
11月4日、Call It LoveがBillboardチャート18位にランクイン。Crazy Love以来、10年ぶりのグループ最大のヒットとなる。

(1990)
  1月、グループはサマーツアーに先駆け、Richard Marxの前座としてUSツアーを開始する。
CBSより未発表曲を含むベスト盤「Poco: The Forgotten Trail (1969-1974)」が発表される。 
4月7日、Farm Aid IVに出演する。 A Good Feelin' To Know, Take It To The Limit, Your Mama Don't Dance, Crazy Loveを演奏した。
Richie Furayは牧師としての教会活動を齟齬にすることが出来ず、この後すぐにドロップアウトする。 Richie Furayの後任にJack Sundrudが復帰する。
10月、初の来日公演を行う。東京3回、大阪、名古屋各1回。Rusty Young, Jim Messina, Randy Meisner, George Grantham, Jack Sundrud, David Vandercourtが来日した。
セットリストは次の通り:
Rough Edges, What Do People Know, The Nature Of Love, Lovin' You Every Minute, Nothin' To Hide, Rose Of Cimarron, Spellbound, Crazy Love, Follow Your Dreams, One More Song, Who Else, Thinking Of You, You Better Think Twice, Hearts On Fire, Sinners And Saints(Messinaの未発表曲), Take It To The Limit, Your Mama Don't Dance, Call It Love, Midnight Flyer, Nobody But You, Legend
この年、Timothy B. Schmitのソロ第三作「Tell Me The Truth」がリリースされる。
Paul Cottonのソロ第一作「Changing Horses」がリリースされる。



BACK INDEX NEXT